FACILITIES

機器一覧

物質化学工学科SHIMADZU UV-3600

紫外可視吸収分光分析装置 UV-3600 UV-vis

仕様

測定波長範囲:185~3300 nm
スペクトルバンド幅
 可視・紫外域:0.1、0.2、0.5、1、2、3、5、8 nm(8段階)
 近赤外域:0.2、0.5、1、2、3、5、8、12、20、32 nm(10段階)
分解:0.1 nm
測光方式:ダブルビーム方式
測光レンジ:吸光度 -6 Abs ~ +6Abs

概要・性能

紫外可視-近赤外領域波長の吸光度を測定する装置。恒温測定可能。

利用料金

【自主分析】
 8400円/時間
【依頼分析】
外出制限があるときのみ対応します(測定のみ)。
平時は自主分析のみ対応しております。
解析評価を主体とした依頼分析は受託研究として受付させていただきます。
 8400円/時間

利用の注意事項

利用の申請書

機器設置部局

奈良工業高等専門学校
物質化学工学科