FACILITIES

機器一覧

物質化学工学科SHIMADZU ICPS-8100

ツインシーケンシャル形 ICP発行分析装置 ICPS-8100

仕様

分光器:シーケンシャルモノクロメータ
波長範囲
・第一分光器:160~372nm
・第二分光器:250~426nm、426nm~850nm
プラズマガス:アルゴン
測定元素数:72元素

概要・性能

高周波誘導結合プラズマを光源とした発光分析法で、溶液試料の元素分析に適している。ツインシーケンシャル型で高分解能測定が可能。

利用料金

【自主分析】
 10700円/時間
【依頼分析】
外出制限があるときのみ対応します(測定のみ)。
平時は自主分析のみ対応しております。
解析評価を主体とした依頼分析は受託研究として受付させていただきます。
 10700円/時間

利用の注意事項

固体残留物や有機溶媒を多く含む、あるいは熱により溶解度が低下する化合物を含む試料は、コンタミや故障の原因となるため、測定をご遠慮願います。 懸濁粒子が含まれている場合は,測定前にろ過を行ってください。
試料濃度は数ppmになるように調製してください。希釈は希硝酸( 0.1 mol/l~0.3mol/l)を用いて、標準溶液も同じ濃度の希硝酸で調製してください。

利用の申請書

申請書のダウンロード

機器設置部局

奈良工業高等専門学校
物質化学工学科